All Poisons Around Us

2016年度

第1回(4/23/16)

① アセトニトリル中毒に伴うシアン化合物生成に対するジスルフィラムによる阻害  担当:福本

出典Peter De Paepe, Pieter Colin, Pieter Depuydt, An-Sofie Decavele, Julie De Smet, Koen Boussery, Christophe Stove, Dominique Benoit, Alain Verstraete, Jan Van Bocxlaer & Walter Buylaert:Disulfiram inhibition of cyanide formation after acetonitrile poisoning. Clin Toxicol 54(1): 56-60, 2016.

② 新しいアセチルシステイン静注投与法、我々は今どこにいるのか    担当:臼井 恵(5年)

出典:Bateman.D, Dear.J, and Thomas.S:New regimens for intravenous acetylcysteine, where are we now? Clin Toxicol,54(2):75-78, 2016.

参加者:教員 1名、6年 4名、5年 4名、4年2名 院生1名、卒業生1名

第2回(5/7/16)

① 臨床中毒領域における重炭酸ナトリウムの代替薬としての酢酸ナトリウム:総説  担当:福本

出典:Neavyn MJ, Boyer EW, Bird SB, Babu KM.:Sodium acetate as a replacement for sodium bicarbonate in medical toxicology: a review. J Med Toxicol. 9(3):250-4, 2013

② 持続的静・静脈血液透析を用いた小児2名のホウ酸過量摂取に対する治療        担当:阿瀬川実里(5年)

出典:Pedicelli. S, Picca. S, Nardo. D M, Perrotta. D, Cecchetti. C & Marano. M. Clin Toxicol, 53:920-922, 2015.

参加者:教員 1名、6年 4名、5年 4名、4年1名 院生1名

第3回(5/21/16)

① パラフェニレンジアミン:実際の髪より黒々と  担当:福本

出典:Gude D, Bansal DP, Ambegaonkar R, Prajapati J. :Paraphenylenediamine: Blackening more than just hair.  J Res Med Sci. 17(6):584-6. 2012

② 乳児におけるアミトリプチリンの中毒 : 毛髪分析にどれほどの情報的価値があるか?         担当:田中 文哉(5年)

出典:Allibe.N, Eysseric-Guerin.H, Kintz.P, Bartoli.M, Bost-Bru.C, Grenier.F, Scolan.V, Stanke-Labesque.F:Amitriptyline poisoning of a baby: How informative can hair analysis be?, Forensic Sci Int 249 : 53–58, 2015.

参加者:教員 1名、6年 4名、5年 4名、4年2名 院生1名

第4回   (6/4/16)

① イランにおけるアヘン乱用による鉛中毒症例の検討         担当:友田 吉則(D1)

出典:Karimi G , Moshiri M, EtemadL:Review of Cases of Lead Poisoning From Opium Abuse In IRAN. Pharmacologyonline 3: 897-905 , 2009

② 杏仁摂取による急性シアン化合物中毒 担当:川内 葵(5年)

出典:Suchard JR, Wallace KL,and Gerkin RD:Acute Cyanide Toxicity Caused by Apricot Kernel Ingestion,Ann Emerg Med,32(6):742-744,1998.

参加者:教員 1名、6年 4名、5年 4名、4年2名 院生1名

第5回   (6/18/16)

① 血液分布異常性ショックに対するメチレンブルーの投与:古い解毒薬の新しい使い方  担当:友田 吉則(D1)

出典:Jang DH, Nelson LS, Hoffman RS:Methylene Blue for Distributive Shock : A Potential New Use of an Old Antidote. J. Med. Toxicol. (2013) 9:242–249

② e-Liquid の意図的な摂取による死亡例 担当:栗原(4年:文献講読ゼミ履修生)

出典:Chen BC, Bright SB, Trivedi AR, Valento M:Death following intentional ingestion of e-liquid. Clin Toxicol . 53(9):914-6, 2015

参加者:教員 1名、6年 3名、5年 4名、4年2名 院生1名

第6回(11/5/16)

① 金属中毒の消化管除染に用いる吸着剤の検討 -活性炭および陽イオン交換樹脂の吸着能の比較- 担当:友田吉則(D1)

出典:なし(実験報告)

② 塩化ベンザルコニウム中毒について 担当:福本

出典:Miyauchi M, Hayashida M, Yokota H: Benzalkonium chloride intoxication caused by intravenous self-injection. 中毒研究 27:327-332, 2014

参加者:教員1名、5年 3名、院生 1名

第7回(12/17/16)

① シアン中毒におけるジコバルトエデト酸塩の有効性と安全性 担当:田中 文哉(5年)

出典:Marrs TM, Tompson JP: The efficacy and adverse effects of dicobalt edetate in cyanide poisoning.  Clin Toxicol 54(8) : 609-614,2016.

 ② 摂取後4時間未満の血清アセトアミノフェン濃度は、アセチルシステインの治療の必要性を判断できるか? 担当:友田 吉則(D1)

出典:Yarema MC, Green JP, Sivilotti ML, Johnson DW, Nettel-Aguirre A, Victorino C, Spyker DA, Rumack BH.Can a serum acetaminophen concentration obtained less than 4 hours post-ingestion determine which patients do not require treatment with acetylcysteine? Clin Toxicol (Published online) 28 Oct 2016

参加者:教員 1名、4年生 1名、5年生 4名、院生1名、卒業生 3

 

第8回(1/28/17)

①新しい合成オピオイドU-47700による中毒の2症例.  担当:臼井(5年)

Domanski K, Kleinschmidt K.C. , Schulte J.M. , Fleming S., Frazee C. , Menendez A. Tavakoli K. : Two cases of intoxication with new synthetic opioid U-47700. Clin Toxicol 55(1) :46-50, 2017.

② 合成カンナビノイドのAMB-FUBINACAによるゾンビがNew Yorkに集団発生 担当:福本

Adams AJ, Banister SD, Irizarry L, Trecki J, Schwartz M, Gerona R. : “Zombie” Outbreak Caused by the Synthetic Cannabinoid AMB-FUBINACA in New York.  N Engl J Med. 376:235-242, 2017.

参加者:教員 1名、4年生 2名、5年生 4名、院生1名、卒業生 1

第9回(2/18/17)

① ニコチンおよびコチニン濃度が確認できた静注と経口摂取による自殺企図のe-liquid 中毒例 担当:阿瀬川(5年)

Sommerfeld K, Łukasik-Głebocka M, Kulza M, Druzdz A, Panienski P, Florek E, Zielinska-Psuja B :
Intravenous and oral suicidal e-liquid poisonings with confirmed nicotine and cotinine concentrations. Forensic Sci Int, 262: 15–20, 2016.

② 脂肪乳剤静注療法で治療した幼児での三環系抗うつ薬中毒 担当:福本

Hendron D, Menagh G, Sandilands EA, Scullion D.:Tricyclic antidepressant overdose in a toddler treated with intravenous lipid emulsion. Pediatrics. 128(6):e1628-32, 2011.
参加者:教員 1名、4年生 4名、5年生 4名、院生1名、卒業生 1
PAGETOP