All Poisons Around Us

2014年度

第1回(2/22/14)

  • アセトアミノフェン誘発性肝障害の早期高感度バイオマーカー:入院時の機能的バイオマーカー
    担当:福本

出典:Daniel J. Antoine,et al.:Mechanistic Biomarkers Provide Early and Sensitive Detection of Acetaminophen-Induced Acute LiverInjury at First Presentation to Hospital. HEPATOLOGY, 58:777-787,2013.

②ポスター:アセトアミノフェン製剤の包装と警告/研究テーマ:アセトアミノフェン中毒の診断治療に有用な新規バイオマーカーの検討 担当:佐藤美沙樹

参加者:教員 1名、5年 4名、4年 3名、3年 2名、OB 1名                                                        

第2回(3/8/14)

薬物中毒による難治性ショックに対するメチレンブルー療法  担当:福本

出典:J. FISHER, G. TAORI, G. BRAITBERG, and A. GRAUDINS: Methylene blue used in the treatment of refractory shock resulting from drug poisoning. Clinical Toxicology (2014), 52, 63–65

日常生活の中で遭遇する金属中毒−人類と鉛ー、簡易な鉛検出方法の検討と身近な製品の鉛含有量測定
 担当:栗虫(6年)

参加者:教員 1名、6年 3名、5年 4名、4年 2名、OB 1名 

第3回(4/26/14)

地方のレストランで発生したアジ化ナトリウム集団中毒  担当:福本

  出典:Schwarz ES, Wax PM MD, Kleinschmidt KC, Sharma K, Chung WM, Cantu G, Spargo E, and Todd E. :MULTIPLE POISONINGS WITH SODIUM AZIDE AT A LOCAL RESTAURANT,J Emerg Med 46(4): 491-494,2014.

②  担当:岡崎、北村、鈴木、松浦(5年)

参加者:教員 1名、6年 4名、5年 4名、4年 5名、OB 3名

第4回(5/10/14)

造血幹細胞移植前治療の必要性の検討   担当:鈴木(5年)

シアン中毒の鑑別にコビナミドは有効か  担当:小室

第5回(5/24/14)

地方の養蚕家族の多臓器不全を呈した乳幼児における急性ホルマリン中毒による殺人 担当:松浦(5年)

  出典:Beeregowda Y.C.,Srihari A.,Shashi K.Pradan, Susheela P.,and Manjunatha Y.C.,:Homicidal Acute Formalin Poisoning in an Infant From a Rural Sericulture Family Presentig With Multisystem Failure,Pediatric Emergency Care 29(5):653-654,2013.

エタノール含有手指消毒剤の誤飲による4歳児の急性エタノール中毒   担当:北村(5年)

出典:Engel J. and Spiller H: Acute Ethanol Poisoning in an 4-Year-Old as a Result of ethanol-Based Hand-sanitizer Ingestion, Pediatric emergency Care 26(7):508-509,2010.

参加者:教員 1名、6年 4名、5年 4名、4年 4名

第6回(6/21/14) 文献講読ゼミ履修生の発表会

 イギリス、ブリストルの商業市場で野菜との取り違いによるラッパスイセンの摂取による消化器系の中毒   担当:三枝(4年)

    出典:Matulkova P, Gobin M, Parkyn CP, Palmer C and Oliver I : Clin. Toxicol. 50:788-790,2012.

栄養不良児におけるアセトアミノフェン静注薬の毒性   担当:沼尻(3年)

  出典:Berling I, Ansocombe M and Geoffrey K. Isbister : Clin Toxicol, 50:74-76,2012.

庭の中での散瞳   担当:正田(4年)

    出典:Aaron Vunda and Gabriel Alcoba : New Engl J Med 367:14,2012

タリウム中毒:付加的で予期されてないヘロイン乱用のリスク   担当:森(3年)

  出典:Afshari R, Megarbane B and Zavar A : Clin Toxicol, 50:791-792,2012.

同一患者で2度発生した急性アミオダロン中毒   担当:大貫(4年)

    出典:Takei T, Fukushima H, Hatakeyama J, Fujisawa M and Ito T: Clin Toxicol, 49:944-945,2011.

参加者:教員 1名、6年4名、5年 4名、4年 3名、3年 2名、OB 1名

第7回(8/30/14)

三環系抗うつ薬を大量摂取した幼児患者における脂肪乳剤静注療法   担当:岡崎(5年)

   出典:Hendron D, Menagh G, Sandilands E and Scullion D : Tricyclic Antidepressant Overdose in a Toddler Treated With Intravenous Lipid Emulsion. Pediatrics,128:e1628-1632,2011.

ネット上の自殺ガイドライン:タバコ抽出液を用いた致死的中毒の報告   担当:鈴木(5年)

  出典:Schneider S, Diederich N, Appenzeller B, Schartz A, Lorang C, and Wenning R :Internet suicide guidelines:Report of a life threatening poisoning using tobacco extract. Journal of Emergency Medicine, 38(5): 610-613,2010.

参加者:教員 1名、6年 4名、5年 4名、4年 4名、3年1名

第8回(9/27/14)

フェノチアジン系薬物の簡便な検出キットの検討(スライド資料)   担当:三枝(4年)

Colchithine poisoning(スライド資料)     担当:福本

参加者:教員 1名、6年3名、5年 4名、4年 1名、

第9回(10/26/14)

洗濯用ポッド型洗剤の摂取による中毒  担当:松浦(5年)

   出典:Schneir A B, Rentmeester L, Clark R F, and Cantrell F L: Toxicity Following Laundry Detergent Pod Ingestion Pediatric Emergency Care. 29(6):741-742,2013.

パラセタモールの鎮痛作用はカンナビノイドCB1受容体が関与している   担当:北村(5年)

  出典:Ottan A., Leone S., Sandrin M.i, Ferrari A., Bertolini A.:The analgesic activity of paracetamol is prevented by the blockade of cannabinoid CB1 receptors .Eur.J Phar, 531:280-281, 2006.

参加者:教員 1名、6年 4名、5年 4名、4年 4名、3年1名

 

PAGETOP