All Poisons Around Us

2013年度

第1回(2/9/13)

①パラフェニレンジアミン:実際の髪より黒々と  担当:福本

出典:Gude D,Bansal DP,Ambegaonkar R,Prajapati J: Paraphenirenediamine:Blacking more than just hair. J Res Med Sci 17:584-6,2012.

参加者:教員 1名、5年 4名、4年 3名、3年 2名、OB 1名

第2回(2/23/13)

①Accidental Pet Poisonings on the Rise Updated  担当:福本
<卒論テーマの中間報告>
②アセトアミノフェン中毒において酸化ストレスマーカーはどう役立つか?  担当:岡本(6年)
③新規のシアン解毒薬はシアン化合物の定性反応にも適用できる  担当:竹之内(6年)

参加者:教員 1名、6年 3名、5年 4名、4年 2名、OB 1名

第3回(4/27/13)

①誤食:野草摂取後の重篤な嘔吐、徐脈および低血圧  担当:小室(5年)

出典:Maeda K, Idehara R, Kusaka S:Mistaken identity: Severe vomiting, bradycardia and hypotension after eating a wild herb. Clin Toxicol 50:532-533. 2012.

②痙攣誘発物質としてのCamphor:家庭内事故防止のための科学的データの収集・評価  担当:藤田(6年)

参加者:教員 1名、6年 4名、5年 4名、4年 5名、OB 3名

 

第4回(5/11/13)

①紙巻きタバコ中毒に対する活性炭吸着療法の有効性:中毒治療における活性炭利用の歴史
担当:仲佐(6年)

②インターネット上で、娯楽のために2C-E(4-エチル-2,5-ジメトキシフェネチルアミン)として購入されたアニリンによる重篤なメトヘモグロビン血症と溶血性貧血-2011年オレゴン州  担当:鈴木(5年)

出典:Severe Methemoglobinemia and Hemolytic Anemia–From Aniline Purchased as 2C-E(4-ethyl-2,5-dimethoxyphenethylamine),a Recreational Drug,on the Internet-Oregon, 2011.  JAMA,307(17):1793-1795,2012 MMWR.61:85-88,2012

参加者:教員 1名、6年 4名、5年 4名、4年 4名、OB 1名

 

第5回(6/8/13)

①重篤な低体温患者におけるアセトアミノフェン、ジフェンヒドラミン中毒   担当:佐藤(5年)

出典:Acetaminophen/diphenhydramine overdose in profound hypothermia. Clin Toxicol,51:50-53,2013.

②7名の若者におけるメタンアルソン酸ナトリウムによる不慮の中毒   担当:栗虫(5年)

出典:Inadvertent poisoning of seven teenagers with monosodium methanearsonate.Clin Toxicol,49:167-170,2011.

参加者:教員 1名、6年 4名、5年 4名、4年 4名

 

第6回(6/22/13)

①テトラヒドロゾリンの誤飲による持続性の心血管系作用   担当:北村(4年)

出典:Spiller.H,Griffith.J:Prolonged cardiovascular effects after unintentional ingestion of tetrahydrozoline. Clinical Toxicology,46:171-172,2008.

②プロパフェノン中毒に対して脂肪乳剤静脈治療を行った第2の症例   担当:内藤(3年)

出典:Second case of the use of intravenous fat emulsion therapy for propafenone toxicity.Clin Toxicol,49:946-947,2011.

③カフェインによる流産:カフェインはコーヒー以外にも含まれている  担当:鈴木(4年)

出典:Graham N A Hammond C J, Gold M S :Caffeine in miscarriages: it’s not just in the coffee. Am J. of Obstet Gynecol.e15,2008.

④小児におけるバルプロ酸中毒:2つの新たな所見  担当:佐藤(4年)

出典:Ray S and Skellett S:Valpronate toxicity in a chilld: two novel observations. Clin Toxicology, 51: 60, 2013

⑤紫色尿の男  担当:古城(4年)

出典:Hudson M, Cashin B V, Matlock Z G, Kang C, and Wills B K:A man with purple urine. Clin Toxicology, 50: 77,2012

参加者:教員 1名、6年 4名、5年 4名、4年 4名、3年1名

PAGETOP