All Poisons Around Us

救急治療・臨床中毒学(2018) コメント・追加資料

講義日:毎週金曜3時限目(13:25~14:55)
講義室:プラチナタワー棟2F  3202講義室
教科書:福本真理子著:実践医薬品安全性学(京都廣川書店、2016.9)

第1回(2018/9/7) 「毒とは何か、中毒の定義と考え方」
教科書:p161〜167,272〜
配布資料:臨床中毒①@追加資料
教員コメント:中毒と依存症、感染症との違いを区別しよう。

第2回(2018/9/14)「毒物や化学物質混入事例に学ぶ(1)、急性中毒の特徴的な症状、原因物質の鑑別法」
教科書:p185~190、p233~p244
配布資料:臨床中毒学②追加資料
教員コメント:急性中毒の原因物質の判定には何が有用なのか、考えてみよう!分析すべき15品目を覚えよう。

第3回(2018/9/21) 「科学捜査に有用な分析的アプローチ」(公開講義)
講師:石澤 不二雄先生(筑波大学医学医療系法医学、元茨城県警察本部科学捜査研究所長)
配布資料:
教員コメント:簡便な検査キット(トライエージや検知管)の有用性、代謝物を測定する意味は何かを考えてみよう。
科捜研の仕事に興味のある学生さんは参考になる。

第4回(2018/9/28) 「金属・元素物質による中毒とその対策」
教科書:p244 ~p257
配布資料:
教員コメント:

第5回(2018/10/5) 「家庭内で起こる中毒」
教科書:p272~p282
配布資料:当日配布
教員コメント:容器移し替えにより、死亡事故も起こることを覚えておこう。
ニコチン、カフェイン、アルコールは嗜好品、毒物、依存性物質の顔を持っている。

(2018/10/12) 休講

第6回(2018/10/19) 「自然毒・食品による急性中毒とその対策」
教科書:p205~221
教員コメント:

2018/10/26) 休講

(2018/11/2) 休講

第7回(2018/11/9) 「ガスによる急性中毒とその対策」(公開講義)
講師:伊関憲先生(福島県立医科大学医学部地域救急医療支援講座 教授)
教科書:p269 ~p272
配布資料:当日配布

第8回(2018/11/22) 「動物の中毒、医薬品による急性中毒とその対策」
教科書:p221~p232
配布資料:当日配布
教員コメント:動物やペットの中毒原因物質について覚えよう。
アセトアミノフェン中毒の毒性評価、解毒薬について再確認しよう。三環系抗うつ薬や睡眠薬による中毒の特徴を覚えよう。

第9回(2018/11/30) 「毒物や化学物質混入事例に学ぶ②、農薬による急性中毒と基本的な薬毒物分析」
教科書:p257~p269
配布資料:当日配布
教員コメント:急性中毒の原因となる代表的な農薬とその機序、治療法、分析法について覚えよう。

第10回(2018/11/30) 「中毒医療における薬毒物分析(トライエージDOA等の演習を含む)と解毒薬の調製
教科書:p189
配布資料:当日配布
教員コメント:救急現場で実施する尿定性反応(パラコート、ジクワット)、イムノアッセイキットを用いた医薬品中毒の判定、
アセトアミノフェン中毒の解毒薬アセチルシステインの試飲、活性炭懸濁液の試飲をしてみよう!
授業評価アンケートに協力してください。

 

教科書の正誤表:正誤表

Update:2018/11/21

PAGETOP